紋紗 
(2017 きものサローネin日本橋 )

火曜日, 10月 03, 2017


10月6日(金)・7(土)「2017 きものサローネin日本橋」に「チーム j-culuture2020」として着物ショーを開催。
畳・着物・お茶・お花でおもてなし 日本文化の魅力発信!

今回は、そのショーにてバイオリンの生演奏を披露していただく徳田雅子さんが着用予定の紋紗の生地のをご紹介。

夏物、紋紗の生地を使った透き通る涼やかな生地で誂えた着物です。
墨流しに似た踊るような大きな花の波を生地全面に図案化。とても華やかです!

二種類の地紋の上げ方で、一つの柄の中にも変化のある仕上がりになっております。
職人さんにより銀彩で、光によって煌く繊細な地紋起こしを施しているのもポイントです。

染めは五色の風をイメージした和の配色で、流れるような爽やかな風をイメージ。
バイオリンの音色に乗せて、こちらの着物にもご注目くださいませ。

You Might Also Like

0 コメント

Powered by Blogger.

注目の投稿

鯨尺(くじらじゃく)の早見表

知っている人も多いとは思いますが、和裁での長さの単位は、センチではなく尺なんです。 尺と言っても、和裁で使う鯨尺(くじらじゃく)と、大工さんの使う曲尺(かねじゃく)があります。鯨尺は曲尺よりも長く、曲尺の1.25倍あります。 ちょっと、ややこしいですね。なので、反物を...

きもの

instagram

絹ガラス